読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の底から泣けた映画ってあります?

aloha~ mahalo~ ^^

 

今日は映画の話です

自分の中で一番好きな映画は「グレン・ミラー物語」で

2番目は「スウィングガールズ」でした。

 

グレン・ミラー物語」は高校2年の時に観ました。

「ラブストーリー」の抱き合わせで、おまけって感じだったんですが

とんでもない! 16歳の少年の心をグワシッ!!とつかんだ映画でした。

グレンミラー役がジェームズ・スチュアート

妻のヘレン役がジューン・アリソン様。

 

今の若いみなさんは知らない俳優さんでしょうね。

この映画を見るまで、ジェームズ・スチュアートは知ってましたが

アリソン様は知りませんでした。

でも映画が始まったら、もう魅入られたって感じでした。

映画自体は1953・4年頃の物ですから、ハリウッド大全盛の頃の映画です。

はっきり言ってその頃の女優さんにしては、美人という感じではない。

でもなんかさっぱりして庶民的で、意外とハスキーな声に

もう捕まっちゃった少年でした。

その晩、MGM社「ジューン・アリソン」様宛に

大好きですって手紙書きましたもん、もちろん英語で頑張りましたよ^^

 

んで、この映画でスウィングジャズが大好きになり

好きな映画2番目の「スィングガールズ」に続くわけです。

 

この位置取りはもう変わることは無いだろうと思ってたところ

今年の正月、BSで観た「最後の忠臣蔵」って映画に

「チャラチャラ音楽やってんじゃねえ!!」って感じで

頭を殴られました。

 


映画『最後の忠臣蔵』予告編 - YouTube

 

今では想像もつかない武士のひたむきさ、忍従の心、忠誠・・・

途中から涙ボロボロもんで、タオルぐしゃぐしゃになりました。

臆病者、卑怯者と思われながらもひたすら耐えて

大石内蔵助の娘を守り育て、晴れて嫁に送り出した後

役目を果たしたと、腹を切って亡き主君のもとへ・・・・

 

役所広司さん演じる「瀬尾孫左衛門」 が可哀そうで、悲しくて

よく我慢したな、さぞかし辛かったろう、悔しかったろうと思うと

これを書きながらも、思い出して涙が止まりません。

 

この年になって、爆弾インパクトを受けた映画でした。

明日は日曜日です、これからレンタルしていただいて

時間の許す限り繰り返し観てください。

観れば観る程、涙が多くなりますから・・・

 

 

 ******************************************************************

最後までお付き合いいただきましたありがとうございました。

私の勝手なんですけどね、ランキングに参加しております。

右サイドバーにある「にほんブログ村」を

ポチッと押していただけると大変嬉しゅうございます^^