読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

江戸時代の女性に合掌でした

aloha~ mahalo~ ^^

 

散策ネタの3回目ですが

日本のミイラといえば ↓ のような仏の道を追求して

自分の意思で即身仏となった人たちがほとんどですよね。

日本のミイラ・即身仏・即身佛の一覧 - いちらん屋(一覧屋)

(いちらん屋さんごめんなさい、無断でリンクさせていただきました)

 


いやいや驚いたことに東京の谷中で、ごく普通の江戸時代の女性が

ミイラで発見されてたって初めて知りました。

http://shinkan.kahaku.go.jp/kiosk/100/nihon_con/N2/KA3-1/japanese/TAB4/index.html

 


庶民のミイラといえば、楼蘭とか南アメリカとかの砂漠や

イタリアのカタコンベがすごいですけど、

だいたいが気候の関係で自然に形を残すことができたと思います。

でも、雨がたくさん降って湿気の多い日本で自然に即身仏になっちゃったわけですから

ホントに貴重な方だと思います。

写真撮れないので画像はありませんが、髪の毛は羨ましいほどにたっぷりと

皮膚や筋肉はしっかりと残っていて、とても感動しました。

 

アイスマン」に会いたくて愛知万博に行き、対面した時の感動と同じでした。

f:id:nonbemoji3:20150802103300g:plain

アイスマン」についても語りたいところですが

孤独で悲しくてたまらない状況が、色々な 調査でわかっています。

これを語り始めると収拾つかなくなりますんで、止めときます。

 

 

「東京散策隊 三輪隊長」ホントに感謝していますよ。

ありがとうございます^^

 

******************************************************************

最後までお付き合いいただきましたありがとうございました。

私の勝手なんですけどね、ランキングに参加しております。

右サイドバーにある「にほんブログ村」を

ポチッと押していただけると大変嬉しゅうございます^^