読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散策 〆 です

aloha~ mahalo~ ^^

 

 

さてさて~ 引っ張ってまいりました今回の散策記事

今回にて終わりますよ^^ いつもお付き合いありがとうございます。


ゼロ戦」見て、「恐竜」見て、「江戸女性のミイラ」に感動し

その他館内の様々な展示品に、「ほ~」「へ~?」「なるほど~」と

感服しまくりの「国立科学博物館」を後にして


団長が次にどこへ連れていくのか?って思いながら

しばし歩いた先は「銭湯」でした。


その名も「六龍鉱泉

taito1010.com

 

今もあるんですかね、十二社温泉。

以前は確か東京駅にも温泉があった気がするんですが

お江戸の温泉は黒いお湯だと聞いておりましたが

今回初めてお江戸の温泉を楽しませていただきましたよ^^

なるほど~ お湯の色は黒い、しかも温度計見ると40度超えてるじゃないですか。

 

風呂でのぼせて意識なくなり、頭から浴槽に突っ込み

指は直角に曲がるし、前歯の差し歯は根元からきれいに取れるは

左の肋骨は強打するし、あごの先端が切れて12針も縫うしと

散々なことがあり、それ以来湯船につかることはまず無いというmoji3。

 

それでなくても、やせ我慢で熱くないと言い張ってる落語や

実際 若い時には早い時間に銭湯に行くと

とにかく熱かった記憶があったので、本当に根性決めて入ったわけですが

果敢にも江戸っ子の風呂に飛び込みましたよ。


いやいや~ 柔らかなお湯で実に快適でした^^

ピリピリ、バチバチ痛いんじゃないかと思ってたんですが

43度位でもホントに気持ちよかったです。


日本人はやっぱり風呂ですな~^^

 

 

その後は夕暮れの風に吹かれながら

不忍池畔で冷たいアルコールを頂きまして、これがまたチョ~気持ちいい!!!

熱いお江戸でもこんな瞬間があるんだと・・・

 

楽しかったです

団長、ありがとうございました^^

 

 

 

******************************************************************

最後までお付き合いいただきましたありがとうございました。

私の勝手なんですけどね、ランキングに参加しております。

右サイドバーにある「にほんブログ村」を

ポチッと押していただけると大変嬉しゅうございます^^