読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6連休に突入! まずは寅さんでノンビリと

まいどさんで~す^^

 

 

明日朝から出かける用事があるので有給休暇取ったら

シフトの関係で来週の水曜日まで6連休になりました^^

 

とにかくゆったりノンビリさせていただいてま~す^^

 

週末の楽しみといえば、毎週録画してるBSの「土曜は寅さん」

先週(14日)はマドンナが「風吹ジュン」さんでした。 

www.tora-san.jp

 

 ここ何作かは、甥っ子満男(吉岡秀隆)と泉ちゃん(後藤久美子)の

恋の展開が厚めになっているので、寅さんの熱愛が霞みがちな気がします。

この作品は宮崎県日南市が舞台ということで、大好きな作品なんです。

5歳頃から中学卒業するまで住んでたので

寅さんと蝶子さんが最初に絡む油津の堀川運河や

泉ちゃんと久方ぶりに再開する飫肥城のシーンなど

よく遊んでた場所でもあり、とても懐かしく感じます。

映画の中で蝶子さんの話す日南の方言も違和感がなく

何度見ても顔がほころんでしまいます^^

 

ちなみに蝶子さんの弟役で永瀬正敏クンが出ていますが

彼が話すのはバリバリの都城弁です。

外から見れば同じ宮崎なんですが、日南と都城では言葉も文化も違うんですよ。

 歴史的に見れば

もともと南北朝の頃から日向で勢力を持っていた伊東氏と

九州支配を目論む島津氏が長い間争ったのが飫肥城なんです。

取ったり取られたりを繰り返して、結局伊藤氏が領有することになり

廃藩置県まで続くわけですが、都城はず~っと島津氏の領地だったので

方言も薩摩言葉ですから、おっとりと柔らかい日南の言葉に比べると

かなり激しく強い言葉です。

 映画の中で永瀬くんは実に流暢に都城弁を話しますが、それもその筈

生まれも育ちも都城ですから当然ですね。

 

例によって横道に逸れちゃいました <m(__)m>

風吹ジュンさん・・・いい味出してました。

私nonbe康がメンバーなのは、カットオンリー1000円の床屋さんですが

年に3回位しか行きません。

こんな床屋さんがご近所にあったら、毎月でも行きますけどね^^

 

 

最後に

「フーテンの寅」にはたくさんのマドンナが登場しますが

私の一番お気に入りマドンナは ↓

www.tora-san.jp

 夏木マリさんじゃなくて、吉田日出子さんで~す^^

なんとも言えない声がいい、笑顔かわいい~^^、大ファンです。

 

 

さて今夜は第46作、またまたゆっくりと楽しませていただきましょう

そして明日は、moji3的今年最後の大イベントが待っています。

中身については明日の夜に報告させていただきますね

 

ではでは^^~

 

******************************************************************

最後までお付き合いいただきましたありがとうございました。

私の勝手なんですけどね、ランキングに参加しております。

右サイドバーにある「にほんブログ村」を

ポチッと押していただけると大変嬉しゅうございます^^