読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島津亜矢さんの「山河」を聴いて思うこと

っはようございま~~す^^

 

www.youtube.com


分業なんだから

作詞家 作曲家がどんなにいい曲を作ったとしても

「原石 磨かざれば 光無し」ってことになります。

世の中の人がみな 楽譜見ただけで「スッゲぇ~ いい歌だ!」なんて

感動できるわけはないのですから

紙の上だけだった想いを、3次元の音にして表現できる歌い手がいないと

どんなに素晴らしい歌も埋もれてしまうことになるはず。

だから歌い手の存在は重いと思うんです。


島津亜矢さんは

詞や曲の作り手さんのいろんな想いを「ほんとだね~」ってわかったうえで

そこにまたとんでもない「調味料・島津亜矢」を加えるわけですから

受け取る方が感動できないわけがない、そんなことをやってのける人だと思います。


なんでしたっけ わたしは文系だからよく覚えてませんが

中学か高校の数学で、なんか箱があってそこを通ると結果が変わる箱のこと

習ったようなきがするんですけど、そんなマジシャンみたいな人だと思います。

 

 

 

この曲は作詞が小椋啓さんで、作曲は前も書きましたけど堀内孝雄さんです

このお二人の作品ですからつまらん曲であろう筈がないわけで

小椋啓さん、堀内孝雄さん両方の演奏を聴かせていただきました。

 

どんな世界になってるんだろうって、前屈みになったんですが

率直に申し上げると (大変失礼だとは思いますが  <m(__)m>

ゴメンナサイ

島津亜矢さんが歌わなきゃよかったのにって思いました。

 

わたしはこの曲にはパワーが無いと絶対ダメなんじゃないかと思います。

詞を読んでいただいて、うまく歌いまわして聴いていただいて・・・

なんていうような歌詞ではないと思いますから。

 

すでに聴いてみてお分かりだと思うんですが

華奢な男がどんだけ束になって挑んでも

絶対勝てないと感じさせる圧倒的なパワーと安心感と、そして共感 !

プロの歌い手でもない私が、ものすごく生意気で失礼なことを書いてると思います

ほんとに ゴメンナサイ <m(__)m> 

 

 

でも 日本にはとてつもない人がいらっしゃいます。

 

 

 

 

******************************************************************

最後までお付き合いいただきましたありがとうございました。

私の勝手なんですけどね、ランキングに参加しております。

お手数ですが

下の方右側、「ブログ村」アイコン下部【にほんブログ村】を

ポチッと押していただけると励みになります^^